水戸市見和の内科なら見和中央クリニック

〒310-0911 茨城県水戸市見和1丁目336-6

029-227-1235

内科

一般内科について

地域の皆様の“かかりつけ医”です

体の調子が悪い時に多くの人が最初に受診する「一般内科」は、適切な医療を受けるための“総合案内”としての役目を担っています。当院では、地域にお住まい・お勤めの皆様の頼りになる「かかりつけ医」として初期診療(プライマリ・ケア)からフォローアップまでを継続的に行います。また、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、適切な医療機関や専門医へ紹介することができます。

幅広い症状に対応します

当院ではありふれた病気から非常に珍しい病気まで、長く大学病院に勤務して培われた知識と経験に裏打ちされた医師が、幅広い症状・疾患に対応いたします。風邪をはじめとする「急な体調不良」など、はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「なんとなく調子が悪いのだけれど、どこが悪いのか、何科にかかったらよいのかわからない」というような曖昧な症状がある場合や、健康上の不安があるときなど、遠慮なくご相談ください。当院では最新の医療設備を完備しておりますので、必要があれば総合病院と同じ精密検査をすぐに行うことができます。

急性症状から慢性疾患まで診療

当院の一般内科では、咳、痰、鼻水、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気・嘔吐、倦怠感、疲労感、体重減少、などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、各種の内科的疾患をトータルに診療いたします。

こんな症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • 咳、痰、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ
  • 急な体重の増減 など

当院の一般内科における主な対象疾患

急性疾患

風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、尿道・膀胱炎、熱中症 など

慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)、メタボリックシンドローム)、貧血、頭痛、便秘症 など

生活習慣病について

生活習慣病とは

生活習慣病には、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。いずれも過食や偏食、運動不足、嗜好品(タバコ・お酒など)の摂取過多といった生活習慣の不摂生が主な原因となって起こる慢性疾患であり、生活習慣を見直すことによって予防・改善できる余地が大きいという点が特徴です。
当院では、かかりつけ医として生活習慣病の診断を行い、生活習慣の是正指導とともに全身の管理を継続的に行っていきます。

自覚症状が無くても早めの対策を

生活習慣病は、はっきりとした自覚症状はあまりありません。しかし、症状が全くなくても気づかぬうちに動脈硬化(動脈が硬くなって弾力性を失うこと)が進行し、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞など、特に心臓・血管系の重大な疾患となって発症することがしばしばあります。自覚症状がないがゆえにこの生活習慣病の本当の恐ろしさがあります。そうした深刻な状況を招かないように、たとえ自覚症状が無くても、早めに生活習慣病を改善するための対策を講じることをお勧めいたします。繰り返しますが、「症状がないから大丈夫」というのは全く根拠がなく、治療をしなくてもよいという理由にはならないのです。
生活習慣病は、生活習慣の改善、特に食事療法ならびに運動療法が治療の中心となりますが、必要な場合は薬物療法も併用する必要があります。きちんと治療を行っていれば将来の脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患の危険性を下げることができます。

こんな方に受診をお勧めします

  • 健診などで何かしら検査数値の異常を指摘された
  • 40歳以上である
  • 20歳の頃より体重が10kg以上増えた
  • タバコを吸う
  • お酒をよく飲む
  • 清涼飲料水を常飲している
  • 運動習慣が無い
  • 車を使うことが多く、あまり歩かない
  • ストレスが溜まっている
  • 睡眠時間が十分でない
  • 食生活に問題がある(下記)
    • 朝食を抜く
    • 夜遅く食べる
    • 間食が多い
    • 食事時間が不規則
    • 食べるのが早い
    • 濃い味付けを好む
    • 脂っこい料理を好む
    • ファストフードやインスタント食品をよく食べる
    • 満腹になるまで食べてしまう など

代表的な生活習慣病

高血圧

血圧の高い状態が続くと、血管壁が継続的な高圧によってダメージを受けます。するとこの壁が厚くなったり、硬くなったりする動脈硬化の原因になり、動脈硬化になると血液の流れが滞り、最終的には途絶してしまいます。欠陥が詰まると心臓の血管であれば狭心症や心筋梗塞、脳の血管であれば脳梗塞(こうそく)、腎臓であれば腎臓病などを引き起こしやすくなります。また、このように硬くなった血管は血流が途絶するだけではなく、もろく破れやすくなります。もしそのような血管が脳血管だった場合、突然脳出血となって発症します。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分過多)や嗜好品(タバコ・お酒など)の摂り過ぎ、運動不足や精神的ストレスなどの環境的要因が重なることによって引き起こされると考えられています。
高血圧の治療にあたってまず行うことは、適正な体重の管理、減塩、適度な運動を心掛けるなどの生活改善と内服治療です。症状がなくとも、医師から薬を処方されたら指示通りにきちんと服用することが非常に大切です。

糖尿病

血糖を下げるホルモン(インスリンといいます)の働きが悪くなったり、ホルモンの分泌そのものが悪くなったりして、血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなり、その結果として血液中にブドウ糖がだぶついてしまった状態、これが糖尿病です。長期にわたり血液中のブドウ糖の過剰な状態が続くと、全身の血管に様々な問題が現れ、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが高まってゆきます。また、腎臓の血管も詰まりやすくなるため腎不全になりやすいことが糖尿病の恐ろしいところです。腎不全が進むと糖尿病性腎症となり、人工透析が必要になってきます。網膜の血管が詰まると糖尿病性網膜症となって失明、手足の動脈が詰まると手足の指先が血流不全となって壊死し、最悪の場合切断する必要が出てきます。このような深刻な事態にも陥りかねない重要な疾患の一つです。
糖尿病は現在のところは、残念ながら完治させることができません。ただし、糖尿病そのものは治せなくても、血糖値を正常に保ち、また体重や血圧、血中脂質も一緒に良好な状態に保てば、合併症を起こさずに健康を維持することは十分に可能ですし、長生きすることも十分可能です。
そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、血糖コントロールをいかに継続するか、という点です。糖尿病の血糖コントロールは、その時だけ行ってもほとんど意味はありません。糖尿病と診断されたらその後、きちんと血糖をコントロールできるかどうかが勝負になってきます。糖尿病の治療の第一段階として、まずは医師の指導のもとに食事療法と運動療法を行います。これだけで正常値になることも多いのですが、糖尿病が進行したケースや、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらない場合は、内服薬による治療やインスリンの注射(インスリン療法)*が必要になる場合があります。

インスリン療法とは

注射により体外からインスリンを補って、健常な人の血中インスリンの変動をできるだけ忠実に再現する治療法です。インスリン療法は糖尿病の最終的な治療手段というわけではなく、良好な血糖コントロール状態を保ち、合併症を防ぐために、糖尿病治療の比較的早い段階から開始するケースが増えてきています。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多過ぎる、または少な過ぎる疾患です。
脂質異常症を放置すると動脈硬化が進行し、やがて心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。脂質異常症は、エネルギー過多な食生活や嗜好品(タバコ・お酒など)の摂り過ぎ、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。
脂質異常症の治療は、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
生活習慣の改善は、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化の進行防止にも役立ちます。
生活習慣改善の主な内容は、栄養バランスのとれた食生活、適正体重の維持、適度な運動、禁煙などです。なかでも特に重要なのが食事療法です。

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症とは、血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態です。尿酸は水分に溶けにくいため、血液中では尿酸塩として存在しています。尿酸が過多になると、針状の尿酸塩の結晶ができ、体のあちこちに溜まって、痛みを引き起こします。これが痛風です。
体の細胞は、毎日の新陳代謝で新しくつくり変えられており、その結果、細胞の核からプリン体という物質が生成されます。このプリン体が、尿酸の元になります。
また、プリン体はレバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなど一部の魚介類に多く含まれています。そしてアルコール飲料には、尿酸値を上昇させる作用があります。こうした飲食物を好む人は、尿酸値が高くなりやすい傾向があります。
高尿酸血症では、尿酸値を下げることが大切です。それには食事療法として、前記のようなプリン体を多く含む食品の摂取を控えめにし、バランスの良い食事を摂るようにします。禁酒・節酒も心掛けます。特にビールはプリン体を多く含むので注意しましょう。また、食事療法と併せ、運動で肥満を解消することも大切です。ケースによっては、尿酸の生成を抑制する薬や、尿酸の排泄を促す薬などが処方されます。

メタボリックシンドロームにも注意

肥満、特に内臓まわりに脂肪が溜まってお腹がぽっこり出ている「内臓脂肪型肥満」の方は、血圧、血糖、脂質値などの異常を来たしやすく、その結果、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が重なりやすいことがわかっています。
内臓脂肪型肥満があり、加えて血圧・血糖・血中脂質のうちの2つ以上が基準値を超えている状態を「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)と言います(下記参照)。
メタボリックシンドロームの患者様では、血圧、血糖、脂質などの値がそれほど異常でなくても、それらが重なることによって動脈硬化が一層進展しやすくなり、ひいては心筋梗塞や脳血管障害など、生命にもかかわる心血管事故が起こるリスクを高くします。

メタボリックシンドロームの診断基準

【必須項目】
内臓脂肪型肥満:ウエスト周囲径(立位・軽呼気時・臍レベルで測定)
男性:≧85cm   女性:≧90cm
【選択項目】
下記3項目のうち2項目以上に該当

〇高トリグリセライド血症:≧150mg/dL かつ/または
低HDLコレステロール血症:<40mg/dL

〇収縮期(最大)血圧:≧130mmHg かつ/または
拡張期(最小)血圧:≧85mmHg

〇空腹時高血糖:≧110mg/dL

健康診断について

各種健康診断に応じます

当院は各種健康診断に応じておりますので、ご希望の方は電話等にてお申し込みください。
自分自身の健康状態についてきちんと知り、適切な健康管理をするために、各種健診を上手に役立ててください。
年に一度は、健康チェックを受けましょう。

雇入時健診・定期健診・自費健診

健康の保持増進のためには、まず栄養バランスのとれた食生活や適度な運動、十分な睡眠等のセルフケアが大切ですが、定期的な健康診断によるチェックも欠かせません。
当院では、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などの企業健診のほか、適宜「自費健診」を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

雇入時健診・定期健診

雇入時健診

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

定期健診

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診

何ら症状が無い時に、健康診断を目的として検査を受ける場合は、健康保険は使えませんので「自費」となります(検査項目は自分で選択することができます)。

※自費健診の結果、何らかの病気が発見された場合には、以後、その病気の診療には健康保険が使えます。

特定健診について

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)は、平成20年度より「特定健康診査(特定健診)」と「特定保健指導」を実施しています。
特定健診は、私たちの健康をおびやかす、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病などの生活習慣病への罹患リスクを高くするメタボリックシンドロームを早期のうちに発見するための健康診査です。日頃の健康管理のために、「特定健診」は積極的に受けましょう。

水戸市の特定健診

水戸市国民健康保険は、「第2期特定健康診査等実施計画」「平成28年度水戸市国民健康保険保健事業実施計画」に基づき特定健康診査並びに特定保健指導を実施しています。

※社会保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合など)加入者およびその被扶養者の方は、加入している医療保険者が実施する特定健康診査を受けていただくことになります。詳しくは、加入中の医療保険者にお問合せください。

対象者

次の項目すべてに当てはまる方が対象となります。

  • 水戸市国民健康保険被保険者の方
  • 40歳以上75歳未満の方

※水戸市の補助を受けて人間ドック(または脳ドック)を受診する方、または受診した方は特定健康診査を受診することはできません。
※養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保健施設、軽費老人ホーム(ケアハウス)、有料老人ホーム等に入所中の方は、当該施設が行う健康診断を受診することになっていますので、特定健康診査を受診することはできません。
※妊娠中の方は特定健康診査を受診することはできません。

費用

健診の種類 年齢区分 個人負担金額
集団健診 40歳以上70歳未満 1,200円
集団健診 70歳以上75歳未満 600円
医療機関健診 40歳以上70歳未満 2,100円
医療機関健診 70歳以上75歳未満 1,000円

健診の項目

問診・身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)・血圧測定・血液検査・尿検査・心電図・眼底検査

*水戸市の健(検)診についての詳細は、「水戸市」のホームページをご覧ください。

予防接種について

当院の予防接種

当院では、主に大人向けにインフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種を、それぞれ行っております。

※上記以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

予防接種とは

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むように行われます。
ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症にかかりにくくし、また重症化を防ぎます。ほかに、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。予防接種は「自分のため、そして周りのみんなのため」に受けるのです。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症で、このウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザの予防

インフルエンザの感染予防には、「咳エチケット」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」がポイントです。
もう一つ、インフルエンザを予防する有効な手段に、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も年ごとに受ける必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年1月上旬~3月上旬に流行することを考えると、毎年12月中旬までに接種するのが望ましいでしょう。

※高齢者を対象としたインフルエンザ予防接種は、予防接種法に基づく「定期接種」ですので「公費助成」が受けられます。詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こした状態です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、つまり感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。
がん、心臓病に続いて、肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占めています。高齢者*や基礎疾患を持っている方などは肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向がありますので、特に注意を要します。*肺炎で亡くなる方の95%くらいが65歳以上です。

肺炎球菌ワクチンの接種で予防

肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(※すべての肺炎を予防できるわけではありませんので、ワクチンを接種したからといっても、うがい・手洗い・口腔衛生など、日常生活上の予防対策は怠らないでください)。

5年以上の間隔を空けて接種

接種は、1年を通していつでも可能です。ただし、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモに残しておきましょう。
また、接種した部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛んだりすることがありますが、通常は2~3日で治まります。その他、熱っぽい、だるいなど、体調に変化が生じた際は、すぐにご相談ください。

インフルエンザワクチンの併用接種

インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎の予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病をお持ちの方(COPD等の呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変等の慢性肝疾患など)
  • そのほか(病気や免疫抑制療法のため感染症に罹りやすい状態にある方、脾臓摘出などによる脾臓機能不全のある方など)

*日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」(2007年)/「医療・介護関連肺炎診療ガイドライン」(2011年)より

※高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく「定期接種」です(定期接種の対象となる方は、生年月日により毎年異なります)。対象期間内に、市区町村の契約医療機関や保健所で接種すると、「公費助成」が受けられます。詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

予防接種後の注意点

予防接種後の30分程度は、接種を受けた医療機関にそのまま留まるか、医師とすぐに連絡が取れるようにしておきます。接種部位に異常な反応が現れたり、体調に変化が生じたりしたような際は、速やかに医師の診察を受けましょう。
また、接種部位は清潔を保ち、接種後24時間以内は体調が変化する怖れがありますので、過激な運動や過ぎた飲酒は控えるようにしてください。